日本ゲーゴル協会/日本ゲーゴル協会は認知症の改善リハビリテーション法の普及に真剣に取り組んでいます。

実施指導協定書

心身機能活性運動療法 実施指導協定のご案内

心身機能活性運動療法地域独占実施契約のご案内

    心身機能活性運動療法 実施指導協定のご案内
  1. (1).日本ゲーゴル協会は「心身機能活性運動療法」を開発し、認知症・うつ病・脳卒中後遺症、障がい者(児)、生活習慣病の予防と改善の為に誠実に、正しく普及してまいりました。
    当会の活動を是非とも推進して下さい。〔2011年4月に「NHKWORLD」で海外に紹介されました〕
  2. (2).日本ゲーゴル協会と実施指導協定契約書を締結することにより「心身機能活性運動療法」を実施することが出来ます。(著作権・実用新案権・商標権により保証されます)
  3. (3).日本ゲーゴル協会と実施指導協定契約書を締結する介護福祉施設・医療施設・有料老人ホーム等は、原則として人口2万人の地域内での独占的な実施許諾が得られます。〔協定目標:4200施設〕
  4. (4).日本ゲーゴル協会はNPO法人日本心身指導士会と共に上海市、香港、台湾、韓国など、海外での普及活動にも尽力し、高い評価を頂いております。
  5. (5).2011年1月、上海市政府のご推薦により「アジアGUINNESSベスト貢献賞」を賜り、今後とも「心身機能活性運動療法」を大切に育て、「介護から自立」を目指し邁進して行きたいと念願しております。

実施契約内容

介護保険:実施契約対象施設 ・通所介護(デイサービス)
・通所リハビリテーション(デイケア)
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設(老健)
・グループホーム
・小規模多機能居宅介護施設
・介護療養型医療施設(老人病院)
・病院・クリニック
・身体・知的・精神障害者(児)施設
・介護付き有料老人ホーム
・サービス付き高齢者向け住宅
・居宅介護事業所
・その他
介護保険:実施指導協定契約地域の概要 実施許諾地域「原則」 人口:20,000人
実施地域内対象高齢者数
(高齢化率を25%とする)
約5,000人以上
実施地域内認知症対象高齢者数(推定)
(65歳以上の高齢者を対象)
約1000人以上
実施指導協定契約内容 日本ゲーゴル協会特別会員
年会費(1日:\330円)
\120,000円
「心身療法」プログラム
年間利用料(1日:\330円)
\120,000円

あなたの施設は何型を目指しますか?

通所介護の増加が介護費用を押し上げているという問題意識が介護保険制度改正に反映小規模デイサービスの事業内容を類型化し、報酬にメリハリをつける。

機能別にみたデイサービス4類型
「地域包括ケア研究会」が出した「地域包括ケアシステムの構築における今後の検討のための論点」(2013年3月)で示された。

日本ゲーゴル協会実施指導協定施設が行う心身機能活性運動療法は、専門性を高めることに役立ちます。

  1. 1、 預かり機能(レスパイト)に特化したサービス
      (ただ預かって楽しく過ごすだけでは評価されず、報酬も安く評価する)
  2. 2、 ナーシング機能を持つサービス
      (医療ニーズの高い人や、重度の人を預かる療養型通所介護がイメージされる)
  3. 3、機能訓練を中心とした自立支援の要素の強いサービス
      (機能訓練系の加算を取ってリハビリを行う)
  4. 4、 専門性を持って認知症ケアに特化したサービス
      (認知症対応型)

小規模デイサービスは「地域密着型サービス」へと位置付けが変わり、これまで都道府県の指定だったものが、制度改正で市町村が指定になるという方向です。

地域密着型サービスになるということは、運営委員会の設置も義務付けられます。これらにより、玉石混合だった小規模デイサービスの運営の透明性を高める狙いがあります。

これまでは民家等を使った宅老所等のケアを応援する施策が取られていました。小さな規模でも成り立っていけるよう、報酬が高めに設定。人員基準では定員10名以下の場合は、看護師の配置が必要ありません。

小規模デイサービスは簡単に設置できることから、事業所数が大幅に増加し、2006年に7075施設だった事業所が、2012年には1万7963事業所と2倍以上となり、通所介護全体の50%を占めるほどになっており、今回の規制強化に到ったと言えます。

これからは専門性の高い機能を、より高く評価する仕組みについて検討すべきとしています。
つまり、ただ通って、楽しく過ごすことだけでは評価されず、報酬も低く抑えられるということは、デイサービスもより専門性をアピールしなければ生き残れないようになっていくと予想されます。(参考資料:月刊ケアマネジメント)


実施確認書と実施指導協定契約書

申込書
実施確認書と実施指導協定契約書
  1. 上記2部、実施確認書と実施指導協定契約書をプリントして、
    ご記入の上、03-3229-1675までFAXしてください。
  2. FAX有り難うございます。近日中に担当者よりご連絡致します。


 

【実施運営:一般社団法人日本ゲーゴル協会】

〒164-0012 東京都中野区本町6-27-12 豊国ビル102号
TEL : 03-3380-1901
FAX : 03-3229-1675
E-Mail : 

 

▲ページトップへ