日本ゲーゴル協会/日本ゲーゴル協会は認知症の改善、指導員養成、リハビリテーション法の普及に真剣に取り組んでいます。

>  心身機能活性療法指導士会 > 日本ゲーゴル協会のご案内 > ゲーゴルゲーム指導員養成のご案内

ゲーゴルゲーム指導員養成のご案内

認知症介護地域独占実施契約のご案内

心身機能活性運動療法は認知症やうつ病、脳卒中後遺症を改善する実践プログラムです。この実践プログラムを独占的に皆様の施設で行うことができます。

厚生労働省は認知症を5大疾病に認定しました。国家戦略として国及び都道府県、市区町村は認知症の予防と改善に向け本格的な取り組みが始まっております。

福祉施設及び医療施設は認知症改善のために具体的な個別機能改善プログラムを導入して本人や家族、そして社会の求めに応じて行かなければなりません。

当会では人口2万人の地域内で他施設と競合することなく独占的に認知症やうつ病、脳卒中後遺症に悩む方々が満足して貴施設を利用し、喜んで頂くための予防・改善・リハビリ法である心身機能活性運動療法を実施すること提言しております。

全国に約4200ヵ所ある「地域包括支援センター」地域内で独占的に心身機能活性運動療法を実施する福祉・医療施設との協定を推進しております。

認知症改善,認知症介護地域独占実施契約のご案内

▲ページトップへ